吉田整骨はりきゅう室|大阪市城東区

学生〜プロまで対象のスポーツ診療。訪問マッサージ師施術・介護保険相談。美容・産後ケアのお部屋。

ホーム院長ブログ ≫ バスケコートの存在意義と僕の想い。〜コートを作る理由②〜 ≫

バスケコートの存在意義と僕の想い。〜コートを作る理由②〜

S__10739728_コピー

前回のブログに引き続き、バスケットコートを新設するまでに至った経緯や想いなどをお伝えさせてください(^ ^)

前回のブログ「バスケコートの存在意義と僕の想い。〜コートを作る理由①〜」の続きになります。

なので、前回のブログをまだ見られていない方は、前回のも一緒にご覧頂ければ幸いです!

では、今回ブログをどうぞ!

 

【僕がバスケコートを作る理由②】

理由は大きく3つなんですよね!

シュートの自主練習できる環境が、身近にまじでない!
→前回のブログに記載してます!

②小学生、中学生、高校生、大学生、そしてプロ選手。各世代カテゴリーと習慣的に練習できる環境を整備したい。

③治療ケアのリハビリを、より実際のバスケ動作で確認して送り出してあげたい。よく入ってる時のシュートフォームを教えたい!

今回は、二番目の理由についてご紹介しますね!
 

各世代カテゴリーと習慣的に練習できる環境を整備したい。

どのスポーツでも年齢によって、ボールの大きさなどの競技ルールが違うことが、ほとんどなんですよね!

で、バスケ競技でいうと、小学生(以下:ミニバス)と中学生以上(以下:一般)で、ボールの大きさと、リングの高さが違うんですよね!

それと、フリースローの距離とかも違ってくるんです!

で、僕が1番に何が言いたいかというと、

リングの高さがミニバスと一般で違うので、同じリングを使って各世代がシューティングや自主練習する機会がほとんどない。

もちろん、同じリングで毎度、高さを調整すれば、順番にはシューティングなどの自主練ができる。

でもこれって、現実的でないんですよね。
ただただ面倒くさいし、手間。

なので、同じ自主練スペースに、ミニバス用と一般用のリングをそれぞれ設置したら、できんじゃん!!

と自分勝手に結論付けたわけです!笑

で、なぜ、そんな環境にこだわるのか?

自分より年上の選手が身近に自主練してるのを見て、刺激をもらってほしい、お手本にしてほしい、そして教えてもらってほしい。

そういう環境を作ってあげて、どんどんバスケットボールを好きになってほしいな、と。

地域の学生同士、各世代を超えて、バスケでの繋がりも増えたらいいなと(^^)

これが、僕がコートを作りたい二つ目の理由です!

今回はこのへんで、失礼しますっ!!!

 

ーーーーーーーーーーーー
修正2021_最終_コピー
専門:スポーツ診療•在宅ケア•小顔デザイン。
 

本日の予約状況はこちら。

 

⭐︎アスリート選手の治療施術のケア
⭐︎小顔デザインする美容鍼灸や小顔矯正
⭐︎逆子改善や産後の骨盤ケアなどの産前産後のケア
⭐︎ケアプラン相談や在宅リハビリ•マッサージ
を行う治療家です。
 

 エコー検査をして、西洋医学的•東洋医学的な治療を行い、コンディショニングを整えます。
 

 ご相談を頂く前に、僕がどんな人間なのかをSNSやブログなどで知ってもらえたら、幸いです( ^ω^ )
 

自分が好きなものばかり載せてる、Instagram

ブログの投稿などは、Facebook。

日常の出来事・ぼやきなどは、 Twitter 
 

【スポーツ診療:学生アスリート〜プロ選手】

近畿大学体育会バスケットボール部メディカルトレーナー

大阪エヴェッサ official support

【小顔デザイン:小顔矯正×美容鍼】

【在宅マッサージケア・ケアプラン相談】
#在宅マッサージ師 #在宅リハビリ
#訪問はりきゅう
#急なケガでも状況・状態により往診します
#ケアプラン相談
#ケアマネージャー#介護支援専門員


 

吉田 翔伍
エベッサロゴ(@入)_コピー




 
2022年04月21日 11:51

吉田整骨はりきゅう室

〒536-0012
大阪府大阪市城東区
天王田10-40

080-3820-7190

診療時間 9:00~21:00
不定休