吉田整骨はりきゅう室|大阪市城東区

スポーツ診療・美容鍼・小顔矯正・産前産後のケアや逆子の改善・結婚式用映像制作もお任せください!

ホーム院長ブログ ≫ 治療の想い ≫

ブログページ

”Jrアスリートの「腰痛」のお話。おとなとこどもの腰痛の違い。

22112_コピー

早速本日の記事ですが、かれこれ8年前のミニバスのコーチ兼トレーナーから、男女とわずジュニア選手に関わる機会が圧倒的に増え、Jリーグのユースチームもサポートしてたり、中学高校のバスケ部メディカルサポートだとかで、忙しくトレーナー活動をさせてもらっていました!
 

そのなかで遭遇することが多い症状で、腰痛があります。
また、男女問わずです。
 

腰痛は男性の方が多いイメージがありますよね。成人以降であれば、その通りなんですが、未成年、特にスポーツ選手では、発症率に男女差はないんですね!
 

では本題へどうぞ!

”Jrアスリート”の
「腰痛」は一般的な「腰痛」では済まされないお話。
男の子の腰痛と女の子の腰痛の違い。

ここでいう一般の腰痛というのは、”成人の方”の腰痛症状のことにしておきましょう!
 

ジュニア選手の腰痛と一般の方の腰痛の違いは、
「体の成長時期」と「日常的な身体の使い方」。

さらにその先でいうのであれば、
”自ら治療にいける勇気があるかどうか”
も、鍼灸師・トレーナーとして、すんごい重要なポイントじゃないかな〜と思います。
 

成人以上であれば、自分の意思で病院へ行き、なんらかの治療は受けることができるはずですが、ジュニア選手は、症状が大きくなるまでひた隠しにする子が多いんです。

特に中学生〜高校生。意外と症状を言わないのが女の子なんです!
 

小学生はわりとすぐに、「ここが痛い〜」とか言ってくれる傾向にあるんですけどね!
 

中高生になると、頭の片隅に「この痛みは、存在して当たり前」とか、「そのうち治るだろ」と思う子が多いんですよね。
 

この現状の中で、理想を言うのであれば、学校に顧問の先生とは別の立場の”トレーナー”を常駐させて、そういった学生たちの異常を洗い出してもらえればと思いますが、非現実的ですよね。
(アメリカでは学校にスポーツトレーナーは常駐している所が多いんです。)
 

中・高校生は、体のどこかが「痛い」とか「部活動の練習を見学したい」といったことはなかなか言い出せにくく、
その背景には、練習に参加できなくなる、とか部活のチームメイトから少し浮くんじゃないか、といった心理がすごく働く時期。
 

で、その症状を隠して無理した結果、腰痛となが〜〜〜いお付き合いとなる学生も少なくはありません。
 

ねっ、だから腰痛治療と同時並行で、メンタルケアを。
楽しく・ゆる〜くやろう!笑 と一言ではなく百言くらいそえながらね、治療を。笑
 

さらに、成長の真っ只中にいるジュニア選手の腰痛で、これまた多いのが分離症。
オーバーワーク(練習のしすぎ)というのも事実ですが、自分の運動量に見合ったセルフケアができていない結果になんですよね、、、

そういう自分の身体の状況を知るか知らないか、
大きな差です!

”練習しながら治療”
”治療しながら練習”
できる環境が身近にあるかないか。

さらには、こどもに関しては特に、成長期特有の、ホルモンバランスも腰痛に大きく関与してます。
 

ホルモンバランス?
大人の話じゃないの?
女性の話じゃない?
 

疑問に思いますよね。

このホルモンバランスの異常は男女ともになにかしら、身体症状がでてきます。

こども・ジュニア選手のホルモンバランスについては今後の記事で紹介していきますね!
 

本日はこのへんで失礼いたします!

ーーーーーーーーーーーー

2020HP_コピー

専門はスポーツ診療と美容のハリ。
 

アスリート選手の治療施術・ケアや、美容鍼灸や小顔矯正、未妊治療、結婚式用ムービー作成まで行う治療家です。
 

ハリとお灸と手で、東洋医学的に「気・血」の巡りを改善したうえで、西洋医学的な局所治療を行い、コンディショニングを整えます。
 

また、同じ鍼灸師でもある妻と鍼灸治療を心から愛し、美容鍼灸をはじめ小顔矯正、赤ちゃんを授かる身体づくり“妊活”のお手伝いを行います。
 

ご相談を頂く前に、僕がどんな人間なのかをSNSやブログなどで知ってもらえたら、スムーズな治療・映像制作ができると思いますので、ご覧頂ければ幸いです( ^ω^ )
 

自分が好きなものばかり載せてる、Instagram

治療×映像制作×バスケ×だんじりの情報発信は、Facebook。

日常の出来事・ぼやきなどは、 Twitter 
 

治療家×映像クリエイター

近畿大学体育会バスケットボール部メディカルトレーナー

大阪エヴェッサ official partner/support
 

吉田 翔伍
エベッサロゴ(@入)_コピー

ーーーーーーーーーーーー

 

2020年04月24日 21:29

”オフ期”には自分のウィークポイントの改善に時間を費やす。

22043_コピー_コピー
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、外出自粛が続いてますね。

小学生から大学生まで、ほとんどの学生も自宅待機。

もちろん、部活動の制限も厳しく、活動一時休止。

大学バスケットボールでは、西日本・全関西と大きな大会の中止が発表され、選手どのようにモチベーション管理をしていくかが、すごく難しい状況です。

しかし、立ち止まってもいられないので、できるチームでなく、個人でできることといえば?

自宅できるトレーニング、距離をおいたランニング。

もちろん正解ですが、一つ、自身の身体に目を向けて、見つめ直すタイミングでもありますよね!

自身の身体のウィークポイントを見つける。あるいは知ることから再確認してみましょう!
それは、メディカルチェックといいます!

自身の身体のウィークポイントを見つける。あるいは知ることから再確認

まずは簡単に、

体が硬い、、
では、どこが??

足首?股関節?腰?足全体?

姿勢が悪い?背中が丸まってる??

自分が、自分の身体で気になるな〜と思うところを、挙げていきましょう!

まずは、ウィークポイントを知る!これ本当に大事です!!

次回も、メディカルチェックについてお話ししていきましょう!

本日はこれで失礼いたします。

ーーーーーーーーーーーー

HPバナー仮_コピー_コピー

専門はスポーツ診療と美容のハリ。
 

アスリート選手の治療施術・ケアや、美容鍼灸や小顔矯正、未妊治療、結婚式用ムービー作成まで行う治療家です。
 

ハリとお灸と手で、東洋医学的に「気・血」の巡りを改善したうえで、西洋医学的な局所治療を行い、コンディショニングを整えます。
 

また、同じ鍼灸師でもある妻と鍼灸治療を心から愛し、美容鍼灸をはじめ小顔矯正、赤ちゃんを授かる身体づくり“妊活”のお手伝いを行います。
 

ご相談を頂く前に、僕がどんな人間なのかをSNSやブログなどで知ってもらえたら、スムーズな治療・映像制作ができると思いますので、ご覧頂ければ幸いです( ^ω^ )
 

自分が好きなものばかり載せてる、Instagram

治療×映像制作×バスケ×だんじりの情報発信は、Facebook。

日常の出来事・ぼやきなどは、 Twitter 
 

治療家×映像クリエイター

近畿大学体育会バスケットボール部メディカルトレーナー

大阪エヴェッサ official partner/support
 

吉田 翔伍
エベッサロゴ(@入)_コピー

ーーーーーーーーーーーー



 

 

2020年04月20日 19:17

治療家であるからこそ、「安静に」という選択肢は選ばないお話。

22016

スポーツや日頃の生活の中で、「使痛み(つかいたみ)」は、たくさんの方が経験したことがある症状ではないでしょうか?

足首の周りであったり、膝、肩、肘、などなどと。これが発症する部位は、様々ですが、症状はその名の通り、使うと痛む。さらに、症状がひどくなれば、使わなくても「ジンジン」とした疼くような痛みがでることまで。

そのような症状に対して、多用されるキーワード。
それは「安静にしておいてくださいね。」という、フレーズをよく言われたことがあると思います。

使痛みなので安静にして、処方されたシップあるいは痛み止めを飲んで、ストレッチして経過観察していきましょうね〜的なね。

そんな症状に対する、僕なりの治療の思いを記事にしましたので、よければご覧ください( ^ω^ )

アスリートにもママにも子どもにも、幅広く起こる「使痛み(つかいたみ)」。治療家であるからこそ、「安静」という選択肢は選ばないお話。

はじめに、誤解を招かないようにお伝えしておきますが、「安静治療」を全面的に否定するわけではありません。事実、安静にする方が、治るのは速くなります。
 

しかし、安静にできるような生活をみなさんしていますか?っていうとこが肝心なんですよね。
 

ママやアスリート選手、学生なら、なおさら安静になんてできる可能性は、限りなく“0”に近いんじゃないかと、僕は思っています。

ママであれば、家事に育児に、とてもじゃないですが、安静なんてもってのほか。
 

また、アスリートは、何かしら痛みを持ちながら、プレーしていることが多く、ランナーも一緒。それが、例え部活であれ、趣味であれ、仕事であれ、安静になんてできません。というよりか、安静にできている患者さんを見たことがありません。
 

なので、「使痛み」のときは、「安静が一番」というのは、不可能な極論です。
 

では、どうするべきなのかっていうところが気になりますよね。
 

それは、西洋医学的治療と東洋医学的治療を並行して行うことです!
 

▼全身コンディショニング後の局所治療
 

西洋医学的治療とは、超絶ふんわり仕上げでお伝えすると、使いたみを起こしている部位を局所的に治療すること。
 

東洋医学的治療は、痛み止めなどの薬に頼らずに痛みをコントロールして、自身のもつ自然治癒力を高めること。
 

西洋医学と東洋医学の良いところを、組み合わせて治療することで、安静治療を行うことなく、練習しながら復帰できます!
 

腱鞘炎や肩の痛み・頭痛。安静治療以外に、積極的に治療ができる環境が身近にあると良いですよね!

本日はこのへんで、失礼いたします!

ーーーーーーーーーーーー

HPバナー仮_コピー_コピー

診療の専門はスポーツと美容。
 

アスリート選手の治療施術・ケアや、美容鍼灸や小顔矯正、未妊治療、結婚式用ムービー作成まで行う治療家です。
 

ハリとお灸と手で、東洋医学的に「気・血」の巡りを改善したうえで、西洋医学的な局所治療を行い、コンディショニングを整えます。
 

また、同じ鍼灸師でもある妻と鍼灸治療を心から愛し、美容鍼灸をはじめ小顔矯正、赤ちゃんを授かる身体づくり“妊活”のお手伝いを行います。
 

ご相談を頂く前に、僕がどんな人間なのかをSNSやブログなどで知ってもらえたら、スムーズな治療・映像制作ができると思いますので、ご覧頂ければ幸いです( ^ω^ )
 

自分が好きなものばかり載せてる、Instagram

治療×映像制作×バスケ×だんじりの情報発信は、Facebook。

日常の出来事・ぼやきなどは、 Twitter 
 

治療家×映像クリエイター

近畿大学体育会バスケットボール部メディカルトレーナー

大阪エヴェッサ official partner
 

吉田 翔伍

 

ーーーーーーーーーーーー

2020年04月19日 21:28

当院から二人目のBリーガー”プロバスケットボール選手”!

濱田選手
一足先に、大阪evessaへの入団がリリースされた今村くんの次に、熊本ヴォルターズへの入団が決まった濱田くん!

こちらにも、その記事を載せておきますね!
→熊本ヴォルターズ公式HP

大阪evessaの今村くんと、熊本ヴォルターズ濱田くんを全力で応援したいと思います!!




画像はHPより引用
2020年01月08日 15:48